スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと指の訓練を!

サックス教室のプログラムも学校のプログラムも知りませんが、それにしてもどうもみているとサックスの世界では指の徹底したトレーニングというものがされているとは思えない事が多々あります。
ただスケールを繰り返すとか何かフレーズを繰り返す という事だけでは指のトレーニングにはなりません。楽器の演奏というのは究極的には器具を使うスポーツと全く同じです。意識的かつ効率の良い、安全なトレーニングプログラムは必要だと考えます。

サックスという楽器のキーという物は電子楽器のスイッチとは全く違う事をまず認識しなければなりません。
フェザータッチでパラパラと軽やかに操作してるのが上級者チックと勘違いされる方も多いですが、本来サックスという楽器のキーはフェザータッチで済む様な代物ではありません。
鳴り・響きの悪い楽器を吹いていると判らない事ですが、しっかりと調整の追い込まれた楽器というのはとても良くビリビリと振動するものです。
その振動にプラスして楽器の管内では圧力が高くなるポイントが無数にあります。
これらを封じ込むための最低限の圧力が必要なのです。

リードをつけずに息を吹き込むと全く抵抗を感じない程にスカスカと息が入ってしまい、ベルに向かってテーパーが広がる管でトーンホール・パッドにかかる圧力なんて大した事ないだろうと思うのは間違いです。これも誤解が多い様ですがサックスという楽器は一方通行的に息が流れているという様な単純なものではありません。リードを付けて吹くと抵抗の少ない物からきつい物まで色々違いが出るのもこれに起因しますが、管の中では空気の密度の高い部分と逆に低い部分との連続の脈となっています。密度の高い所と押さえているトーンホールとが重なるとそのトーンホールにほんの極小の息漏れがあっても大きな悪影響を及ぼします。


ピアノ等では当たり前な事ですが、どの楽器でも同様で特に小指と薬指の分離を含めた訓練は必要です。
小指は低音関係を押さえる事が多いですが、小指であの大きな面積のホールを押さえなければならないのです。しかもサックスの小指のキーはテコの原理で押さえた力の数分の一に弱まった押さえにしかならないものだったりします。
小指と薬指の分離が柔軟にできていないと、小指を操作している時にしっかり力を入れて押さえているつもりの薬指が実は力は入っていてもキーを押さえる方向へは力が入っていない事もあります。ひどい場合にはかなり力を入れているにもかかわらずキーが浮いてしまう程だったりする事もあります。 これは短に薬指がその場・その形で固まっているだけです。


>> Back (Saxophone etc.)
プロフィール

ohtake

Author:ohtake

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。