スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安定したアンブシュアと凝り固まったアンブシュアとは全く別もの

アンブシュアが凝り固まってしまっているケースをよく目にします、、
まるで柔軟性がなく、リードのちょっとした違いも吸収できずにいたりと凝り固まったアンブシュアは百害あって一利なしです。
さまざまなバラつきのある生もの的なサックスという楽器をコントロールする為、自分のイメージする音色の為にも凝り固まったアンブシュアではなく、柔軟で安定したアンブシュアを目指さないといつまでたっても思い通りにならない苦痛なものとなってしまいかねません、、
人によるでしょうが、上手い人は細かい部分を忘れいているというか気づいていないというか、、 兎に角アンブシュアは一切変化させずに全く同じ状態で などと教えてしまっているケースがあるそうですが、そう教えていながらも当人は微妙な調整をしてサックスをコントロールしているものです、、 それを鵜呑みにして全く変化させない様に吹いているとそれこそ凝り固まった変な癖がついてしまいます。

たしかに、、これは教え方の伝え方の問題なのかもしれません。初心者の内はある程度基準となる一定の安定したものが無いと収集つかなくなる危険性は高いのも確かです。ピッチがずれようがある程度安静したアンブシュアが育ってからコントロールに移る方が他の楽器の経験も無い様な人にはいいのかもしれません。


>> Back (Saxophone etc.)
プロフィール

ohtake

Author:ohtake

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。