スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低音 息~pp 調整状態

始めたばかりの方は別として、よっぽど酷いマウスピースを使っているとかリードのマッチングが駄目とかいった事が無ければ、最低音が鳴りにくいというのは確実に楽器の調整不良です。最低音が少しブローするだけで音が割れるというのはクローズドキーのバネが弱いのが殆どの原因です。小指が鍛えられていない、、主に左手の小指~中指の筋力や動きの分離ができていない といった状態であれば当然それも大きな要因です。

その楽器が安いモデルだからとかハズレ個体だとかいうのは嘘です。最低限今のケルントナー以上のモデルであれば ちゃんとした技術のあるリペア であればとても気持ちよく響く状態にできます。
事実、調整不良なヘタなアメセルよりも気持ちよく鳴るケルントナーのテナーが手元に存在しております。


フラッグシップ的な高額モデルでも調整不良な個体は無数にありますが、最低音付近の鳴りが悪いからといってその付近の調整が駄目だから というわけではありません。上からあるキーの微小な息漏れの積み重ねが原因で最低音に大きく影響が現れます。勿論、中域や高域の鳴りにも悪影響が出ているのは当然ですね、、
確かに新しい設計の上級モデルと呼ばれる楽器は多少の調整不良があっても昔の楽器と違ってわりとスムーズに鳴ってくれますが、これもそういう状態の楽器と調整を追い込まれた楽器とは全く次元の違う鳴りをします。


簡単なチェックの仕方としては最低音をppよりもっと弱く、息だけが入っていく状態から徐々に息を強めていくとスムーズに音色に変わって行くのがまともな状態です。
ある程度強い息にしなければ、しかもいきなり大きめの音が出る とか裏返った音・オクターブ上の音が出る という状態は調整が完璧ではない楽器です。サックスという楽器は人が普通に会話する程度の音量で演奏できる物です。

どのキーでもタンギング無しで弱い息からスムーズに音色になっていく状態が理想的な調整になっている楽器です。
(上級者さんなら調整不良の楽器でもある程度鳴らせてしまいますが、そんなにテクニックを駆使しなくても鳴るはずです)


最初に書いた通り、特にマウスピースの影響もあるので単純に言えないのが自分でも気に入らない事なのですが、、、
少なくとも、セルマーやバンドレンのラバーの選定物レベルなら大丈夫なんじゃないかな~ と選定物を信用して言うしかありません、、


勿論自分が調整した楽器は全て自分のマウスピースでこういう鳴りをするのを確認しています。そう鳴らなければ気持ち良い楽器とは呼べません。吹いてて気持ちの良い楽器に仕上げる為の作業をしているわけですし・・・

この様に調整された個体はサブトーンが実に鳴らし易く、音色の表情の幅が格段に広くなります。
プロフィール

ohtake

Author:ohtake

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。